07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ご訪問ありがとうございます

個人の趣味としてFX関係のブログをやっております。 スタイルは、デイトレ、主にポンド円を取引しています。 随時のポジションについては掲示板にて晒しておりますw 日々の右往左往、阿鼻叫喚の無様な状況を 楽しんでいただければ幸いですwww

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロサム

はぁ~、負けたー、負けたー、また、負けたったーwww

たったー、ったったー、チ○コがたった

d(゜∀゜;)・゜∵・・・な、なんでもないです


さて、・・・相場とは、なんと難しいものか?
FXに限らず相場は、ゼロサムゲームといわれています。
誰かが勝ったら、必ず誰かが負けるというやつです。
マージャンを思い浮かべていただくとわかりやすいでしょうか?
ゼロサムゲームだとすると、理論的には、『必勝法がない』と言うことになります。
理由は明快で、全員が、同じ必勝法に気づいてしまえば、
それが必勝法にならなくなるからです。
誰にも知られない秘密の方法論で、現在の相場に対して必勝であったとしても、
常々に研究熱心な(時には入れ替わりながら)
世界中のトレーダーが個別に独自の異なる手法で同じ売買タイミングに気づきます。
そして時間の経過と共に、有効性が失われてしまうのです。

しかしながら、そもそも相場の値動きは、
需要と供給のバランスによって成り立つものであって、
いわゆる投機筋の介在にのみによって、相場が成り立っているわけではありません。
需給というもので成り立つ以上、ゼロサムとは言い切れないと思うわけです。

それでも、一方、実際のところは、大量に投機筋が介在して値が動き、
そこに、あらゆる手法が生まれ脚光を浴び、そして消えていくの繰り返しです。
短期的な値動きのレベルでみれば、結局は投機筋同士のゼロサムゲームといえましょう。
ところで、ゼロサムであろうがなかろうが、ここでそれを問題にするつもりはありません。
私にとっては、相場が、ゼロサムだろうが、そうでなかろうが、
そんなことはどうでも良いのです。
大事な点は、それで、我々のような個人凍死家がどうすれば勝てるのか、
と言うことなのです。
多くのものが、必勝法を探すことばかりに夢中になってしまう。
いわゆる聖杯探しって奴ですな。
ゼロサムでは、「聖杯は存在しない」って結論が先に出ているのに、
一生懸命に探すわけ、それで、そこそこいけると思うことがあって、少しは勝てるわけ、
おお、勝てるんじゃね?この方法、とか思っていたら、いつの間にか勝てなくなって、
また、ないもの探しの旅に出かけるわけですよ。不思議だよな?
すごい明晰な頭脳の人間が、結論が先に出ていることに逆らって、
ないもの探しの旅に出かけていくんだぜwww

で、どうすっかて言うと、ないものを探しても仕方がないので、
必勝法が通用しない世界であるなら、必勝法でやらなきゃいいんだよ。

常勝法で考えりゃいいんだ!
おお!凄い!
その常勝法というのはだな。。。。↓moreからどぞ





そんなもん知らん!
誰か教えてくれ!www



やっぱり、こんな結論だな
まさか、本気で期待したヤツはいないと思うが、
一応謝っておく、

・・・ごめんちゃい(o*。_。)oペコッ


最近、時間がなくてさぁ また、来週頑張って書くわ
明日からまた頑張りましょう、おやすみ~(^^)ノシ
スポンサーサイト

theme : FXデイトレード日記
genre : 株式・投資・マネー

Comment

Secret

プロフィール

まりん

Author:まりん
まがりなりにもFXをやっております。FXを中心にした個人的な雑記です。見る価値ないと思います。

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポチをお願い

ポチが義務化になってますww

リンクの皆様

FC2掲示板

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3467位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
1206位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。